畢宿 読み : ひつしゅく
和名 : あめふりぼし
インド名 : ローヒニー
穏やかで聡明、冷静沈着な堅実宿。
内面は意志剛健で頑固、一度決めたら譲らない。
自己中心的と思われがち。頑固過ぎるのもほどほどに。
畢宿 読み:ひつしゅく
和名:あめふりぼし
インド名:ローヒニー
穏やかで聡明、冷静沈着な堅実宿。
内面は意志剛健で頑固、一度決めたら譲らない。
自己中心的と思われがち。頑固過ぎるのもほどほどに。

概要

畢宿の概要

畢宿は西方を守る霊獣白虎の背中に位置していて、古くは狩猟を司る宿といわれていました。
十二宮の中では「牛宮」に四足とも属しています。自分の信念に忠実で愛情豊かな「牛宮」の影響を最も強く受ける宿です。
七曜では「金」・「金星」の影響を受けています。「金」は美を象微し、洗練された品位と創造性を示します。
人体では「額」に当たり、畢宿の「畢」とはうさぎを捕まえる網の意。和名を「雨降り星」といい、古来中国では月が畢宿にかかれば多雨になるといわれていました。

畢宿の基本的性格

畢宿生まれのあなたは、愛の女神ビーナスのような、みずみずしいイメージを持っています。
見かけは穏やかで聡明に見えますが、内面は意志剛健でとても頑固です。こうと思ったらテコでも動かないタイプです。
また、冷静沈着でゆったりとした落ち着きのあるペースで、一歩一歩を着実に進む堅実さも持ち合わせています。 物事に対する執着心は人一倍強く所有力も旺盛なので、守るべきものは断固守り通す強さがあります。
ただ、行動がマイペースすぎる上に頑固なために自己中心的と思われる傾向があります。

畢宿の原典

法合多財産足男女 性聰明好布施 有心路省口語 心意不翻動 行歩如牛王有容儀