畢宿 読み : ひつしゅく
和名 : あめふりぼし
インド名 : ローヒニー
穏やかで聡明、冷静沈着な堅実宿。
内面は意志剛健で頑固、一度決めたら譲らない。
自己中心的と思われがち。頑固過ぎるのもほどほどに。
畢宿 読み:ひつしゅく
和名:あめふりぼし
インド名:ローヒニー
穏やかで聡明、冷静沈着な堅実宿。
内面は意志剛健で頑固、一度決めたら譲らない。
自己中心的と思われがち。頑固過ぎるのもほどほどに。

相性

畢宿の相性

命業胎の関係

命の関係

畢宿

無難に付き合ったほうが良い相手。深く付き合うと、同じ性質の為、マンネリになりがち。刺激に欠ける相性。

業の関係

軫宿

精神面で惹かれ合い、他人とは思えないほど気が合う。軫宿は畢宿に対して無償でサポートするので、畢宿にとってはありがたい相手。

胎の関係

女宿

価値観が似ているので、畢宿が女宿に対して見返りを期待せずに尽くせる相手。畢宿が女宿の夢に共鳴する。

栄親の関係

栄の関係

觜宿 (近距離)

互いに尊重し合い、大切にするので、縁が生じると長続きするが、それ以上の発展は望めない相手。

虚宿 (中距離)

畢宿の考え方、生き方が全く違う虚宿とかかわることで、スケールが大きく広がる。

角宿 (遠距離)

畢宿にはない、角宿のテキパキとした処理能力にひきつけられるが、余り期待しすぎない方が無難。

親の関係

昴宿 (近距離)

互いに欠点を補える相性。畢宿は昴宿の前では素直になれてのびのびでき、昴宿は畢宿のバイタリティーに救われる。

翼宿 (中距離)

精神性が強く、サービス精神が旺盛は翼宿に対して、畢宿も一目置く相手。畢宿が翼宿に何かと助けられる。

斗宿 (遠距離)

良きライバルとしては最高の斗宿。畢宿のほうが、斗宿に対して何かと張り合う傾向がある。互いに相手がいることで伸びていく。

友衰の関係

友の関係

胃宿 (近距離)

互いに気が強く、似たもの同士。どちらも長期的なタームで目標を達成していくので、気の合う相性。

張宿 (中距離)

互いに筋の通った関係が築ければ、良い関係。執念を燃やすポイントは違うが、組めばベストパートナー。

箕宿 (遠距離)

お互いサバサバした性格で、気も合う仲。よく働き、考えも似ている。互いに尊重しあえるような立場に立てば、好相性。

衰の関係

参宿 (近距離)

互いにパワフルで、足並みも揃いやすい。後腐れなくケンカできる相性。ぶつかり合っても大丈夫。

危宿 (中距離)

突飛な行動力と想像力が豊かな危宿のセンスに、畢宿は魅力を感じ付き合っても楽しい相手。畢宿にとって、危宿はラッキーパーソン。

亢宿 (遠距離)

誰にも負けない強さを持つ畢宿だが、唯一かなわない相手が亢宿。畢宿にとって、味方に付けておきたい相手。

安壊の関係

安の関係

井宿 (近距離)

井宿のまくし立てるような理路整然さは、畢宿にとって学ぶべきところも多い。良い意味でライバル意識が出せれば、良い関係となる。

室宿 (中距離)

畢宿にとって室宿は、一目置く存在。互いに接近しなければ良いが、近づきすぎると、周囲を巻き込み大喧嘩に発展するかも。

底宿 (遠距離)

パワフルで、自分勝手な底宿。でも、畢宿は自分のペースを絶対に崩さないので、底宿にとっては煙たい存在。つまづきを作る原因でもある。

壊の関係

婁宿 (近距離)

軽快で柔軟な知性を持つ婁宿に、畢宿は最初はひかれる。頑固でスローペースの畢宿が、婁宿のペースにあわせないと嫌われる。

星宿 (中距離)

互いに働き者だが、スピードのペースが違う為に、上手くかみ合わない。星宿が畢宿にキレて、べつべつの道を歩く結果に。

尾宿 (遠距離)

マイペースで頑張りや同士。気は合うが、イニシアチブを畢宿に取られ、尾宿はふてくされ、結果的には互いにいがみ合う。

成危の関係

成の関係

奎宿 (近距離)

表現方法が違って、付き合っても面白いが、奎宿のほうが畢宿に対してメラメラとライバル意識を燃やしやすい。

柳宿 (中距離)

一時期親密に付き合うが、やがて柳宿の方が畢宿に対して飽きてしまい、結果的に柳宿に逃げられる。

心宿 (遠距離)

畢宿にとって心宿は憧れの対象。接近できたとしても、望むものが違いすぎる為理解し合えない。

危の関係

鬼宿 (近距離)

エキセントリックな鬼宿は、畢宿にとって無縁の相手。だが、意外に鬼宿のナイーブさが新鮮に感じることも。

壁宿 (中距離)

壁宿は飽きることなく付き合える相手。壁宿の意外なリアクションに驚かされるかも。

房宿 (遠距離)

畢宿の強引な粘り強さも、房宿に対して、何とか通じるが、房宿にとっては重荷に感じるかも。